お局さん対処法

【一瞬で…】お局を黙らせる方法7選!うざいしむかつくおばさんの対処法   

職場のお局おばさんを黙らせる方法!相手にしないための取説まとめ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「お局がマジでうるさいしむかつく…耳にノイキャンつけたい…」と感じること、ありませんか?

毎日毎日お局に嫌味をネチネチ言われたり、無視されたり、ストレスしか溜まらない職場に行くのはほんとにつらいですよね。

この記事では、そんなお局さんへの悩みを少しでも軽減し、安心して働ける環境を取り戻すための対処法をまとめました。

この記事でわかること
  • うざいお局を黙らせる方法7選
  • お局にやってはいけないNGな行動
  • 何をやっても効果がない時の対処法

ぜひ最後までチェックしてみてください。

うざいお局を黙らせる方法7選

先手必勝!お局より先に挨拶

ネチネチとうるさいお局さんを黙らせるには、まず自分から元気に爽やかに挨拶をしましょう。

お局さんは姑のようなものなので、挨拶といった常識的なことができないと注意をされるきっかけを自ら作ってしまうことになります。

自分から挨拶をする時には大きな声で周りにいる社員にもはっきり聞こえるよう、元気に爽やかに挨拶をしましょう。

そうすることで、お局さんから目をつけられにくくなりますよ!

お局を上手に褒める

お局さんを褒めること、特にお局さんが「褒めて欲しいと思っていること」を褒めることはとても大切です。

なんで褒める必要があるの?と感じるかもしれませんが、多くのお局さんは自分を見て欲しいという気持ちが強く、その気持ちを拗らせています。

自分自身に自信がないため、人からの承認欲求が人一倍強いのです。

例えば、髪型、服装、センスなど、こだわりを持っているポイントをできるだけさりげなく褒めてみてください。

例えば、「〇〇さんのネックレス、とても素敵ですね!」といった具合です。

何度もあからさまに褒めてしまうと、「この子、わざと気を引こうとしているのかしら?」と逆鱗に触れてしまう可能性もあります。

あくまでも、「さりげなく」がポイントです。

目の前にいるのは小さな女の子というくらいの心持ちで接すると、こちらも楽に接することができます。

ちなみに私は以前ことあるごとにお局さんを褒めてしまい、逆にお局さんから気に入られて話が長引き、困ったことがあります。

くれぐれも褒めすぎにはご注意!

お局にビクビクせずに接する

お局に限らず、人をいびるような人は弱そうな相手をターゲットにする傾向があります。

なので毅然とした態度で接するというのも非常に大切なことです。

例えば、「こんなこともできないの!?使えない子ね」なんて言われたら萎縮してしまうのが普通ですが、あえて気にしてないように振る舞う。

そしてその時に「なるほど!教えていただいてありがとうございます!」と元気に返す。

こんな日々を繰り返してるうちに、お局も「全然応えないわね・・・」と叩きがいを無くし、ターゲットから外れることもあります。

仲良しグループを作る・入る

これはメンタリストのDaiGoさんもおっしゃっていますが、仲良しグループを職場につくると自分のモチベーションが3倍上がるという研究結果があります。

つまり苦手な人に意識を向けるのではなく、得意な人に目を向けるということです。

人間は誰しもが人に嫌われたくないし、好かれていたいと思うもの。

だから相手がお局だとしても嫌われているというネガティブな捉え方をしてしまうと、そちらにばかり意識がいってしまい、モチベーションがダダ下がりしてしまいます。

なので逆に友達レベルの仲良しな人や仲間を職場に作ることが、結果としてお局の攻撃に対しての免疫力を上げる効果があります。

人によって態度を変えない

男性と女性で態度を変えず、分け隔てなく接することもお局さん対策にはおすすめです!

というのも、男女で態度を変えると、男性社員に媚びていると判断され、嫌がらせのターゲットにされかねないからです。

特に、男性社員とお局さんとの間で態度を変えないことがポイント!

また、そもそもお局さんに限らず、性別によって対応を変える人は同性からも異性からも嫌われる傾向にありますよね。

職場で不要なハレーションを防ぐには男女で態度を変えないことが大切です。

男性社員の前でぶりっ子するのではなく、声のトーンや雰囲気を一定保って、男女分け隔てなく対応するように心がけてください。

仕事で見返す

職場は仕事をする場なので、やっぱり仕事でお局を見返すというのはとても大切なことです。

あなたがベテランだとしても新人だとしても、です。

重箱の隅をつつくようなことをいつも言ってくるお局なら、隅の隅まで目を向けたり、考えられないならAIから抜けてるところの意見をもらうことだってできます。

お局が持っていないような必要な資格を取って、仕事に関してお局よりも論理的な知識を武装し、何か言われても論理で返せるようにしておくのも効果的。

お局の嫌味やネチネチ攻撃はそのほとんどが感情や個人の感覚で言ってきます。

そこをあなたは知識と論理で攻める。

「それってあなたの感想ですよね?」と、ひろゆきばりに言える状態にしておくことは、お局からあなたへの攻撃を弱めるのにとても効果があります。

【最強】ボイスレコーダーをチラ見せ

最終手段として、お局を黙らせるのに最も効果的な方法がボイスレコーダーのチラ見せです。

昨今、パワハラやモラハラなど、色々なハラスメントが問題視されている世の中ですので、ボイスレコーダーをお守り代わりに持っている人も少なくありません。

そしてこのボイスレコーダーをお局に見えるようにチラ見せすることで、お局の脳内に

あの子なんでボイスレコーダーなんて持ってるのかしら・・・

という疑問を抱かせるんです。

あとはお局がボイスレコーダーや録音に対して勝手に想像を広げていき、結果として黙るということに繋がります。

なんならお局にボイスレコーダーを持ってることを伝えるのもありです。

「最近上司がパワハラまがいのことを言ってくるので、お守り代わりに持ち歩くようにしてるんです」

と、相手がお局とは言わずに伝えることで、違う角度から恐怖を植え付ける戦法もいいですね。

 

ここまでお局を黙らせる方法として7つ紹介してきましたが、逆に攻撃が強まるような逆効果な対処法もあるので、次でお伝えします。

これはNG!お局への逆効果な仕返し

同じことをやり返す

お局にされたことと同じことをやり返したい!と思う人も多いと思いますが、おすすめしません。

なぜなら、それではあなたも同類になってしまうから。

いつもお局に無視されるなら、無視をし返すというのも方法としてはありますし、やってみると最初はスカッとするかもしれません。

というか私はスカッとしました。(←やったんかい)

でも、あとで小学校の時に習った言葉が頭の中を支配しだしました。

「自分がされて嫌なことは人にするな」

この言葉が出てきた時、お局と同類になってしまった自分がひどく情けなく感じて自己嫌悪に陥ったことがあります。

だからこそ、あなたにはお局のような幼稚な攻撃と同じことで仕返しはしないでいただきたいなって思っています。

仕返しをするなら、大人として正しい手順での仕返しをするのが効果的ですので、ご興味がある方は以下の記事をお読みください。

職場のお局さんへの仕返しや反撃方法は?死ぬほど嫌いな人への対処法
職場のお局さんへの仕返しや反撃方法は?死ぬほど嫌いな人への対処法この記事では、職場のお局さんへの仕返しや反撃方法、そして嫌いな人への対処法をご紹介しています。もしもあなたがお局さんと同じようなことをしてしまうと、お局さんと同じ土俵に立つことになってしまいます。しかし、大人としてどう反撃するか、嫌いな人への対処法を知ることで、今まで頑張って耐えてきたことを無駄にすることなく、より良い職場環境を築くことができるかもしれません。是非、ご覧ください!...

興味のない態度

お局が何か話してきた時に「へーそうですか(真顔)」とまったく話に興味がないのが伝わるような態度で接するのは、ターゲットとして確立してしまうようなもの。

あの子なんなの!
もう何も教えてやんないんだから!

そしてお菓子外しや陰口・悪口テーマの主役として、あなたが登場することになります。

お局の話なんて誰も興味ないとは思いますが、態度に出してしまうのはお局を黙らせたいという目的から完全に外れてしまいます。

興味がなくても目をキラキラさせ、すごいすごいと褒めてあげましょう。(←すごいバカにしてるww)

何をやっても黙らないし変わらない時の対処法

ここまでお局を黙らせる方法を紹介してきましたが、どうせ何も変わらないし何をやっても無駄と感じてるのが本音ではないでしょうか。

私自身が色々やってみてそうだったので、同じ方もいると思い、ここでは別の対処法を紹介します。

お局の行動を変える以上に、信じられないくらい簡単に効果を感じることができますので、ぜひ試してみてください。

認知行動療法が効果的

認知行動療法とは

認知行動療法(Cognitive Behavior Therapy)はCBTとも呼ばれ、ストレスなどで固まって狭くなってしまった考えや行動を、ご自身の力で柔らかくときほぐし、自由に考えたり行動したりするのをお手伝いする心理療法です。

引用:国立精神・神経医療研究センター

わかりやすく言うと、人はある出来事が起きた時に、自分の考えとは関係なく、自動的に感情が出てきたり、行動を起こしてしまう生き物なんですが、それをコントロールすることで心の平穏を作ることが可能になる療法のことです。

例えば、お局に挨拶をしたのに何も返してくれなかった場合を例として心の動きを見てみると・・・

無視をされた

嫌われてるんだ

怖い、ビクビク

相手の存在が怖くなる

というように、自分で選んで怖いやビクビクなどの感情を出してるわけではなく、ある出来事が起きた時に機械のようにスイッチを押したら自動的に出てくる感情や心の動きのことですね。

この自動的に出てくる心の動き…とりわけネガティブな心の自動的な動きに対して、別の視点の考え方を自分自身に与えることで、ガラッと気持ちに変化が現れます。

認知行動療法には色んなアプローチ方法がありますが、中でも個人的に一番のおすすめしているコラム法というものを紹介します。

コラム法でイライラや辛い気持ちをコントロール

コラム法というのは、何か出来事が起きて感情が自動的に動いた時に、以下のフレームワークに沿って自分の考え方のクセに気づくための療法です。

コラム法のフレームワーク
  1. 気持ちが動いた時の状況を書き出す
  2. 出てきた感情を書き出し、数字で強さを表す
  3. その時に出てきた考えや気持ちを書く
  4. 別の視点や考え方を考える
  5. 新しい考え方を選んだ時の感情の変化を書く

では上記フレームワークに沿って、例をあげますね。

お局を例にコラム法を実践

コラム法実践例

①気持ちが動いた時の状況を書き出す

出社してすぐお局さんに挨拶をしたら、目も合わせてくれず無視された

②出てきた感情を書き出し、数字で強さを表す

イライラ80%、悲しい10%、怖い10%

③その時に出てきた考えや気持ちを書く

私は挨拶しただけなのに無視するなんて最低。子供かよ。マジで朝からイライラさせんじゃねーよ。

④別の視点や考え方を考える

今朝なにか嫌なことがあったのかもしれないな。もしくは、本当は仲良くしたいけど意地を張って素直になれないだけなのかもしれない。

⑤新しい考え方を選んだ時の感情の変化を書く

穏やか60%、イライラ20%、怖い10%、悲しい10%

上記はあくまで例ですが、実際にご自身でやってみていただくとビックリするくらいにネガティブになってしまっていた感情に変化が起きます。

特に新しい考え方を書き出した時点で気持ちに変化が起きます。

安心した気持ちで毎日楽しく働くためにも、感情が動くたびにぜひ実践してみてください。

アプリを使ってストレス対処

先程のコラム法を含め、認知行動療法を自分で実践できるアプリ「Awarefy」を紹介します。

2020年に登場した「Awarefy」は今では50万ダウンロードを記録し、2022年Google部門大賞を受賞するほどのセルフケア系アプリではダントツの人気アプリです。

コラム法や瞑想など、自分の心の平穏を保つための機能がもりだくさんです。

これは本当に一度使ってみていただきたい。

アプリの評価やコメントなどを見てもらえば、このアプリの凄さが分かると思います。

まずは以下からダウンロード、もしくは評価のコメントを見てみてくださいね。

Awarefy:AIメンタルパートナー・セルフケア&悩み相談

Awarefy:AIメンタルパートナー・セルフケア&悩み相談

Awarefy, K.K無料posted withアプリーチ

カウンセリングも効果的

先ほど紹介したアプリを実践すると驚くほどの効果を感じられると思いますが、カウンセリングを受けるのもひとつの手です。

おすすめとしては、先程紹介したアプリを自分で実践し、行き詰まった時にカウンセリングを受けるのがいいですね。

というのも私自身、最初は先ほどのアプリで調子が上がってきていたのですが、たまにぶつかる壁というのがあるんです。

私がぶつかった壁というが・・・

  • 自分の気持ちがどうしてもうまく言葉にできない
  • 新しい視点の考え方も全然思いつかない
  • こんな時にどうやって違う考え方をすればいいのか

など、自分ひとりの力じゃどうしようもできない時、カウンセリングやコーチングというものを受けました。

受けてみると、やはり色んな方の相談を受けているプロなだけあって、自分じゃ思いつきもしないような新しい視点や考え方を提供してくれます。

提供してくれる・・・というよりは、自分で導き出せるようにサポートをしてくれるんです。

なので、言われた新しい視点や考え方ではなく、自分の心の奥底にあるけど引っ張り出せなかった考え方を引っ張り出してくれる。

そんな感覚だったというのが正しいかなと思います。

なのでアプリで心の動きをコントロールしてみて、つまずいてどうしようもない時にカンセリングを受けてみるというのを考えてみてください。

オンラインカウンセリング
【かもみーる】はこちら

体を壊す前に転職を考える

最後の最後の対処法ですが、どーーーーしても気持ちが晴れないとか、頭痛いとか、だるいとか、具合まで悪くなってきてる場合は、転職を考えるのがご自身のためです。

仕事を辞めるなんてお局から逃げてるみたいで、そんな自分にも腹が立ったり悲しくなったりする方もいると思います。

でも、色んなことを試して、それでもダメな時だって全然あります。

というか、ダメとか甘えという考え方にも新しい視点を向けるのもいいと思います。

これをきっかけに本当はやりたいと思ってた仕事に挑戦できる!お局さんありがとー!

でもいいし、

自分の体を自分でいじめる必要はないし、むしろ大事にできてる自分すげー。

でもいいと思うんです。

体を本当に壊してしまっては元も子もありません。

そうなる前に、新しい職場で心機一転がんばるのもとてもいい選択ですよ。

ちなみに転職の場合はエージェントを使うといいと言われていますね。

正直私は使ったことはないので、実際どうだったのか人間関係が原因で転職をした人の声を集めたんです。

するとエージェントだと転職先の人間関係のことまで教えてくれるから、ハローワークなどを利用するより安心できたという声が多かったんですよね。

なので興味がある方は以下の記事を見ていただくといいかなーと思います。

転職エージェント人気ランキング|職場の人間関係が理由で転職したい人向け

まとめ

この記事では、お局を黙らせる方法や、何をやってもダメな時の対処法についてご紹介しました。

お局を黙らせるには、挨拶や褒める、ビクビクしないで接するなどの方法をお伝えしましたが、どれも表面的で問題の解決とはならない可能性が高いのが正直なところ。

それくらい相手を変えるのは至難の業なんですよね。

あなたがもし本当に今の環境をなんとかしたい!と強く思い、悩んでるとするならば、自分の考え方や思考に新しい視点をもたせることをやってみてください。

すぐに転職をおすすめしている記事であふれていますが、ぶっちゃけお局さんはどこの会社に行ってもいるはずです。

転職が本当の解決策にはならないということを私は知っているからこそ、あなたには自分に向き合ってほしい!

自分に向き合うことで見える世界が変わった経験を私はしているからこそ、この記事の後半部分は特に力を込めて書きました。(←前半はどうしたw)

会社へ行くのが楽しみ!という安心感や心の平穏を持ちながら仕事ができるのが一番なはずです。

だからこそ、先ほど紹介した【認知行動療法】というのを試してみてください。

きっと私と同じように、あなたにも新しい考え方の視点ができ、お局さんのことがかわいく愛おしく見えてくるはずです。

あなたが一日も早く、安心した気持ちで職場へ向かうことができ、キラキラした気持ちで会社から帰れる日が来ることを心から祈っています。

こんな記事も人気です

【完全版】職場のお局さんの特徴・心理まとめ!こんな人には要注意!
【完全版】職場のお局さんの特徴・心理まとめ!こんな人には要注意!この記事では、職場のお局さんについての特徴や心理状況を紹介しています。 お局さんへの対応方法に悩んでいる方には、是非参考にしていただきたいです。 お局さんの特徴や心理状況を理解すれば、職場での人間関係改善やストレス軽減に役立つでしょう。...
【40人に聞いた】かわいそうに感じたお局さんの哀れなエピソードを紹介します
【40人に聞いた】かわいそうに感じたお局さんの哀れなエピソードを紹介しますこの記事では、職場のイヤミなお局さんに待ち受ける“哀れな末路”エピソードを紹介しています。 お局さんの哀れな末路を知りたい方や、お局さんに苦労している方々にとって参考になる内容です。 是非ご覧ください!...
職場のお局さんへの仕返しや反撃方法は?死ぬほど嫌いな人への対処法
職場のお局さんへの仕返しや反撃方法は?死ぬほど嫌いな人への対処法この記事では、職場のお局さんへの仕返しや反撃方法、そして嫌いな人への対処法をご紹介しています。もしもあなたがお局さんと同じようなことをしてしまうと、お局さんと同じ土俵に立つことになってしまいます。しかし、大人としてどう反撃するか、嫌いな人への対処法を知ることで、今まで頑張って耐えてきたことを無駄にすることなく、より良い職場環境を築くことができるかもしれません。是非、ご覧ください!...
▼参考文献▼

職場におけるハラスメント対策マニュアル|厚生労働省

職場のメンタルヘルスに関する最近の動向とストレス対処に注目した職場ストレス対策の実際|独立行政法人 労働政策研究・研修機構

ABOUT ME
こはる
以前OL→現在ライター。お局にいびられて退職してしまった過去の経験を教訓に、今現在お局に困っている方の助けになる情報の発信をしています! 掲載する情報は筆者の経験談だけではなく、参考文献や参考図書の内容を参考にし、正確な情報をお届けすることを心がけています。